イズミシステム設計オンラインショップ     イズミシステム設計

お見積り、購入前のご相談やご不明な点のお問合せ
    〒162-0824 東京都新宿区揚場町1-21
    株式会社イズミシステム設計 システム企画部
      ■フォームでのお問い合せ お問い合せフォーム
      ■お電話でのお問合せ:  03-3868-3126
      ■メールでのお問合せ:  info01@izumi-system.co.jp
■ソフトウェアのカスタマイズのお問合せ:  03-3868-3126



 商品一覧

省エネルギー計算サポートソフトウェア

「A-repo3(エイレポスリー)」は、建築物省エネ法(平成28年省エネルギー基準)に準拠した省エネ措置届出書作成支援ソフトウェアです。

建築設備設計基準ソフトウェア STABRO

「STABRO(スタブロ)」は、空調負荷計算、ダクト抵抗計算、ダクト静圧計算、ダクト防音計算などの用途に応じた計算および書類作成が可能です。

建築・設備技術計算ソフトウェア

(社)空気調和・衛生工学会『空気調和・衛生工学 便覧 第14版』に準拠した、最大空調熱負荷計算ソフトウェアです。

ショッピングカートを見る
売れ筋商品
フリーページ

 関連情報


株式会社イズミシステム設計について

rss atom

適合性判定(平成29年4月〜)建築

平成29年4月1日より、床面積の合計が2000?以上の非住宅建築物は、適合義務化の対象となります。
建築基準法に基づく建築確認及び完了検査の対象となり、基準に適合しなければ建築物の工事着工や建築物の使用ができなくなります。

※文化財等、仮設建築物、高い開放性を有する自動車車庫等、畜舎等は適用除外とできる。

省エネ基準適合義務の適用関係

  • 適合義務対象
  • 規制措置施行日
  • 確認申請
  • 確認申請が施行日後は適合義務化で判定義務あり(附則2条1号)
  • 施行日前に現行省エネ法に基づく届出を行った場合、対象外
  • 現行省エネ法で対応
  • 確認申請が施行日以前の場合
  • 着工
  • 確認申請が施行日前は適合義務対象外(附則2条1項)
  • 着工から21日前、かつ、施行日前までに届出が必要
  • 施行日後に基準法の計画変更を行った場合も、対象外
  • 届出が施行日前、確認申請が施行日後の場合
  • 施行日前に現行省エネ法に基づく届出をした場合は確認申請が施行日後でも適合義務対象外(附則7条1項)
  • 施行日後に省エネ措置に係る計画変更を行った場合も、対象外

平成29年4月1日より前に確認申請、省エネ届出、またはその両方を行っている場合、適合義務化の対象外となります。また、施工日後の計画変更も対象外となります。

建築確認・省エネ適合性判定等に係る手続き全体の流れ(平成28年9月現在)

省エネ申請の窓口は、所管行政庁の他に登録省エネ判定機関でも受付が可能となります。

 

  • 建築主事又は指定確認検査機関
  • 建築主
  • 申請者
  • 諸葛行政庁又は登録省エネ判定機関
  • 建築確認申請の受付
  • 確認済証の交付
  • 適合判定通知書又は、写し等の提出
  • 法第12条第6号
  • 建築物エネルギー消費性能確保計画
  • 計画書
  • 申請添付図面
  • 設計内容説明書
  • 各種図面
  • 一次エネルギー消費量計画書
  • その他添付図書
  • 判定の申請(法12条第1項)
  • 書類受取
  • 書類の不備等の確認
  • 申請受付
  • 期間延長の通知書
  • 法第12条第4項
  • 判定できない
  • 決定できない旨の通知書
  • 法第12条第5項
  • 適合判定通知書の交付
  • 適合第12条第3項
  • 建築物省エネルギー消費性能適合判定への適合審査
  • 適合
  • 適合判定通知書の作成
  • 適合判定通知書の交付
  • 法第12条第3項
  • 提出受理日より14日以内
  • 建築着工
  • 建築物エネルギー消費性能確保計画
  • 変更適合通知書
  • 計画を変更する場合
  • 軽微な変更を除く
  • 計画変更の申請
  • 法第12条第2項
  • 変更適合通知書
  • 判定基準への適合審査
  • 変更に係る適合通知
  • 適合証又は写しの提出
  • 法第12条第6項
  • 建築物エネルギー消費性能確保計画への適合も確認
  • 完了検査の実施
  • 検査済証の交付
  • 完了検査の申請

 

 

詳細については以下のホームページをご覧ください

・国土交通省 建築物省エネ法
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/jutakukentiku_house_tk4_000103.html

・IBEC 建築環境・省エネルギー機構
http://www.ibec.or.jp/es_standard/index.html



省エネ届出書を作成するには



 「A-repo3(エイレポスリー)」は、建築物省エネ法(平成28年省エネルギー基準)に準拠した省エネ措置届出書作成支援ソフトウェアです。





※『A-repo3 建築+住宅』は「建築(非住宅・住宅共用部)」と「住宅」が対象となります。


「建築(非住宅・住宅共用部)」が対象の『A-repo3 建築』

「住宅」が対象の『A-repo3 住宅』もございます。


 不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください

    イズミシステム設計 システム企画部まで03-3868-3126